Search the Blog

インシュリンが増えると血液中の糖が減ってきます。
それはいいのですが、インシュリンが増えすぎると
問題なんです。

どうなるでしょう?

そうです、血液中の糖が急減するのです。

これが大きな問題なんですよ。

糖が減ると、脳に届けられる糖が減ります。
糖が激減した場合、脳はかなりの空腹感を感じる
のです。

さらに追い討ちをかけるように、インシュリン
そのものが、脳に働いて空腹感を強めるのです。

ここを聞き逃さないでね(笑)

インシュリンは糖を減らして脳の空腹感を高める
働きをしていますが、それだけでなく、インシュリン
そのものの増加が脳を空腹にするのです。

お分かりいただけましたね?
これが、「食べすぎはあなたを腹ペコにする」という
ことです。

腹ペコになったら、またまた一生懸命食べなければ
なりません。だから食べすぎが始まると止まらない
という理由であり、仕組みなんです。

本当に食べた本人も驚くほどに食べてしまうのです。

→ 過食症は原因と仕組みを知れば治る

過食症を治す方法・トップに戻る



サイトナビゲーション

dummy dummy dummy