食欲を安定させることが過食克服へのカギになるでしょう。

食欲が非常に不安定で、

食欲が麻痺している状態です。

このことは、
狂ったように食べてる最中には気がつかないかもね。

食べているのにお腹が空いてしまう

ことさえ起こりえます。

だから、いくらでも食べられるし、満腹しないし、
あまり満足した感じもしない。むなしい。。。

もし何を言っているのか分からないなら、ブログの
始めから読んでみてね♪

過食をあなたが本気で克服する気なら、ぜひ
上のことを忘れないでね。

もしかして、あなたは、

・ ポテチを1袋、
・ おせんべい1袋、
・ ショートケーキ2つ、
・ シュークリーム3つ、
・ カップラーメンを1杯、
・ そしてチャーハン1人前

を1食で平らげ、
今もまだ食べてる最中かもしれませんね(笑)

今はもう満腹かもしれませんが、途中まで
物凄くお腹が空いてませでしたか?

空いてたから、そんなに次々に食べ続け
られるんですよ。

で、大切なのでもう一度お伝えしておきますね。

胃にたくさん食べ物がつまったからといって、
あなたが満腹できるとは限りません。

過食の一番の問題は胃ではなく、食べ物が消化されて
血液中を運ばれている「糖」と、あなたの「脳」
あるんです。

最終的に満腹とか空腹とかを感じるのは、
胃ではなく、あなたの脳なんです。

お腹がいっぱいなのに、まだまだ食べたい気が
するときってありますよね?

それは胃袋はいっぱいだけど、脳が満足してない
からです。

(続きはこちら)
→ 過食をなおすための重要ポイント

coffee-2025527_640

~~~~~~ 一口コラム ~~~~~~

過食を克服する」というのは、

」をいい状態にしてあげられるかどうか、

に、大きくかかっているように思います。

 

脳がいい状態で安定していてくれれば

食欲も安定しやすくなりますよ。

 

今自分の脳はどんな状態かな?

私の脳はどんな気分なんだろう?

 

1日に何回か、

そういう風にアナタの意識を集中してみるといい

かもしれません。

 

脳は何といっているでしょう。

 

さらに、ちょっと点検してみましょう。

 

● 脳に適切な栄養を必要量とどけている?

悪い例) リンゴばかり食べている

● 脳の一部ばかりを酷使しすぎていない?

悪い例) 1日に何時間も同じ思考を続けている

● 脳の休息は十分かな?

悪い例) 1日に3時間しかねない

 

などなど。

 

アナタが脳を大切にすればするほど、脳は

優しく世話されている小動物と同じように、

その労にこたえてくれるはずです。

 

ぜひとも脳を可愛がってあげてくださいませ。

➡ 過食を治す方法 はじめに戻る