Search the Blog

過食症の起こるわけとしくみをお話してきました。
これだけ知っていれば、それを何とか防ぐ方法が
ありますよね。どうやって過食を防ぐのでしょう?

ただの過食が、いわゆる「過食症」に発展させない
ことが大切です。発展してもしなくても、過食が
あるのであれば、

とにかく、インシュリンの分泌を適量に抑える
ことが肝心です。そのため、1つには、

● 一度にたくさん食べないように工夫する。

ということです。早食いでも、ただの食べすぎでも、
インシュリンが大量に分泌されては困りますよね。

特に過食の出発地点ともいわれる、ストレスと
仕事や育児の忙しさですが、こういった状況で
どういう食事の摂り方をするかというのが重要です。

というのは、忙しいと朝や昼の食事をおろそかに
してしまいがちになりませんか?

そうすると過食の環境を整えているようなものです。

たとえば、昼にご飯を抜いて夜食べるとすると、
夕食が過食になる可能性が大きくなります。

昼と夜の分2食を食べるなければならないので、
それだけでも大量に食べることになっています。

それから、1食抜いているので、食欲が湧いてきますね。
さらにストレスによる食欲が、さらに輪をかけて
食欲を大きくします。

こうなると、当然、早食いになるでしょう。

もう、過食の条件がいくつも整ってしまいます(笑)

さて、これでもう、あなたはどうやって過食を防ぐか
お分かりですね?

→ 過食を防ぐ3つの方法

過食症を治す方法・トップに戻る



サイトナビゲーション

dummy dummy dummy