過食した次の日の対処方法


あなたが選んだ記事は過食した次の日の対処方法について。
Search the Blog

過食した次の日の対処方法があれば教えてほしい、という質問をよくいただきます。

過食は既に起きてしまって取り返しがつかないのは分かるけど、できたら次の日からそれが無かったことにできるような方法があれば知りたい。

又は、そんな虫のいい方法はないと思うので、できるだけ影響を小さくとどめたいということなのでしょう。

上のどちらも可能です。

「過食をなかったことにする」というのは無理に聞こえるでしょうね。

でもこれが実は可能なのです。よほど頻繁に過食を繰り返しているのでなければ、十分に可能。

さて、どうするのでしょうね。

それはね、過食た事実を、まずは頭の中から消し去ることです。

「それこそ無理!」と怒られそうです(笑)。都合よく記憶喪失になってくれない限り不可能でしょう。

でも1つここであなたに考えてみて欲しいのです。

もし過食してしまったという事実を本当に忘れることができたら、あなたは次の日にどういう行動をしますか?

多分、いつも通りに行動するでしょう。そうではないですか?(これがヒントです)

でも、過食したことをそのまま覚えていたらどうするでしょう。

もちろん、何とか過食した分を取り戻そうと、我慢が続く限り食事の量を最小限にしますよね。もしかしたら何も食べないでがんばるんでしょうね。多くのダイエッターさん達にとってそれが普通であり、この問題への正解なんです。

でも、またそのうちに過食が起き、「やってはいけないことをやってしまった。」と大きな罪悪感に潰されそうになるでしょう。潰されそうなストレスに負け、また過食に走る。そしてだんだんと過食することが習慣化してくるのです。これが過食の常習化の仕組みなんですよ。

この仕組みにドップリと浸かってしまわないように振舞わなければなりません。

橋本の無料講座で「食べるダイエット」について知識を得てくれた人たちなら、「過食したという事実を頭の中から消し去る」のと同じ効果を生むある方法を知っています。

それを実行に移すと、過食ても体重はやがてすぐに回復してくれるのですよ。

「食べるダイエット」の奥義その1です。ここでは未公開にしておきましょう(笑)

過食症を治す方法・トップに戻る



サイトナビゲーション

dummy dummy dummy